たるみ治療にはどんな種類があるか

年齢を重ねると気になる顔のたるみ。
目の下、まぶた、フェイスラインなど鏡を見るたびにがっかりするという人も多いのではないでしょうか。


顔のたるみは美容外科や美容皮膚科の治療で改善することができます。セルフケアではどうにもならない、と感じたらクリニックでの治療を検討してみてもよいかもしれません。


美容クリニックではどのようなたるみ治療が行われているのでしょうか。


よく耳にするのがフェイスリフトです。

切開が必要なものと、そうでないものがあります。

簡単なものから複雑なものまでいろいろなレベルでの手術が可能です。

また、糸を皮下に挿入し、垂れ下がった脂肪層を引き上げる治療法をスレッドリフトと言います。メスを入れる必要がないので、手軽に受けることができ、その日のうちに効果を実感することができます。



特殊な糸を皮膚の下に通して持ち上げます。
コラーゲンやエラスチンも量産されるので、糸が溶けてしまっても効果が持続しみずみずしい肌を保つことができます。
コラーゲンやヒアルロン酸、ボトックスを注入する治療もメスを使わないたるみ治療です。
注入治療は安価で即効性がありますが、半年から1年ごとにメンテナンスをする必要があります。

そして現在主流となっているのが、高周波・レーザー治療です。
高周波やレーザーの熱エネルギーを照射することで、真皮部分にアプローチし、たるみの原因を改善していきます。



このようにたるみ治療と言っても種類がたくさんあります。

しっかりカウンセリングを受けて、自分に合った治療法を見つけるようにしましょう。