美容のために肝斑治療をする

美容において、しみというのは大敵で、しみがあるだけで顔が老けて見えてしまいます。


しみにも種類があり、それによって治療の方法も変わってきます。



左右対称に、ほほ骨や口周り・額といった場所にうすぼんやりとしたシミが表れた場合、しみのなかでも肝斑である可能性があります。
肝斑は30代から40代にかけてあらわれるシミで、通常のシミの原因である日光によるものだけではなく、ホルモンバランスの乱れが大きな原因だとされています。
妊娠やピルの使用などによってあらわれることがありますし、また、ストレスも大きな原因となるようです。

肝斑治療は、レーザーによる治療は逆効果とされ、主に内服薬によってなされます。
トラネキサム酸という成分が特に有効です。
トラネキサム酸には色素沈着を抑制する効果があります。

また、ビタミンCやハイドロキノンといった美白外用剤を併用することもあります。



色素沈着の原因となる表皮の深いところにあるメラノサイトに働きかけるのには、血流に乗って皮膚のすみずみまで到達する内服薬はとても有効です。また、肝斑治療は1カ月から2か月ほどで効果があらわれるといわれています。


肝斑治療は美容皮膚科で受けることができます。
肝斑治療をすることで、新たな別のシミを発見することもあります。シミは一種類であるとは限らないので、美容のためにはいくつものシミを順番に治していく必要があります。
順序を間違えるとかえってシミを濃くしてしまうこともあるので、慎重に診断をします。